やまざくら

紅梅御前宮

宇治川の乱(平治の乱)に敗れ落ち延びてきた後白河天皇の第二皇子高倉以仁親王の側室紅梅御前宮は、王を慕いこの地まで追いかけて来ましたが一足違いで王には会えず、悲しみの余り病に伏しこの世を去ったと言い伝えられています。悲運の姫君を偲んで地元の人が祠を建てました。子授、安産など善男、善女の願いをかなえ、ひそかな聖地として今もなお口伝えに信仰を集めております。