��܂�����
« 4月です。 »

収穫祭が実現しそうです。

2011/10/16

永続的リンク 09:16:40, 著者: yamazakura, 0 語   Japanese (JP)
カテゴリ: 日々のこと

収穫祭が実現しそうです。

 昨日、たまねぎの苗を植えていましたら、収穫祭をやろうと声がでました。日程の調整をしなければなりません。今月は、チョイ無理としても、来月の上旬にはなんとか実現したいものです。場所は、集会場か、やまざくら。村にはそば打ち名人が3人も4人もいるのだから、やっぱり新そばはかかせませんよね。あとはサトイモの料理、花豆はなかなか煮るのがたいへんだからパスですね。五目御飯もいいですね。酒飲んでゆっくり楽しめるように企画したいですね。会費は500円から1,000円でどうでしょうか。

2 コメント

# 曽根 on 2011/10/16 at 10:46
 だいぶ紅葉が進んだようで、1週間で随分違うものですね。

 収穫祭。楽しみですね。それより、蕎麦打ち名人の蕎麦のほうが気になりましたが。

 これから寒くなりますが、健康に気をつけて、ブログを楽しみにしている人のために宜しくお願いします。
# 新婦人 村上 on 2011/10/17 at 00:55
紅葉がきれいですね(*^_^*)
福島市は除染が進まず…相変わらず季節を感じている余裕がない生活をしています。
収穫祭楽しそう(おいしそう)ですね!
いっしょにお酒がのみたいで~す(*^_^*)


コメントを残す


あなたのメールアドレスはこのサイト上には公開されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(利用者がメッセージ・フォームを用いてあなたにメール送信することを許可します (あなたのメールアドレスは公開されません)。)
This is a captcha-picture. It is used to prevent mass-access by robots.

Please enter the characters from the image above. (case sensitive)

Array
2019年6月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

福島県の南西部、南会津地方の東端部に位置する下郷町は、総面積31,709haと広大な面積を有する町です。農林業では、中山間高冷地での冷涼な気候を生かした野菜・花きを主体とする園芸作物の生産、周辺の山々には杉などを中心にした植栽が行われています。 『戸赤地区』は「戸石」「赤土」「木地小屋(地名)」が合併してできた地区。下郷町の西に位置し、周囲を山に囲まれた小さな集落で、かつては漆器の木地(ベースとなる木製の器)づくりで栄えました。 これは 'やまざくら' というブログです。

検索

Blogroll

XMLフィード